婦人

乾燥肌を防ぐ|化粧水ケアの効果で潤いを保とう

保湿をして予防する

化粧水

乾燥肌になってしまうと、元に戻すことが難しくなるので、出来る限り予防に努めます。化粧水をたっぷり使用することで、予防することができます。乾燥肌の人のケアは、化粧水をたっぷりと使用したあとに、クリームなどで保護をする方法が多いです。

肌の潤いを保つには

微笑んでいる人

乾燥肌になる原因の1つに水分をしっかりと与えられていないことがあげられます。スキンケアのやり方を誤ると肌の水分を逃してしまい、潤いを保てなくなります。化粧水をつけたあとは少し待ってから保湿クリームや乳液をつけなければなりません。

間違ったケア方法

女の人

ケアのやりすぎは間違い

乾燥肌対策として、化粧水でのケアを重点的に行っている人は多いです。人間は、加齢とともに肌の水分を保持する能力が衰えていきます。そのため、保湿性の高い化粧水で外から肌に潤いを与えることが大切です。しかし、保湿を意識するあまり、化粧水をつけすぎる方がいます。このような過剰にスキンケアを行うことは、逆に乾燥肌を助長させることに繋がります。その理由は、肌に化粧水をつけすぎると、角質層がふやけてしまうからです。角質層が崩れる事で、肌内の水分が蒸発し易くなります。しかも、化粧水が肌から蒸発する時に、皮膚の水分も一緒に出て行ってしまいます。したがって、乾燥肌をケアする際は、時間を長くかければ良いというわけではないです。

化粧水での乾燥肌の正しいケア方法は、まず肌に少量づつ繰り返しつけていくことです。一度にたくさんつける方がいますが、それではきちんと浸透せず無駄になるだけです。少しずつ付けてきちんと浸透しているか確認することが大事です。10円玉くらいの量をまず手にとり、10回くらい繰り返しつけていきます。手で触れて肌が吸いついてくれば、肌が潤ったというサインになります。その後は、化粧水が蒸発しないように、上からクリームを付けていきます。クリームは、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分入りのものでケアすると良いです。肌に塗布する際は、クリームを両手で温めながらつけると浸透しやすくなります。上記で説明したケアを一つ一つ時間をかけて行えば、乾燥肌は解消されます。

美肌の秘訣は保湿にあり

横顔

弾力性のある肌は保湿から生まれるため、他のどんな美容ケアよりも大切です。乾燥肌の解消のためには、洗顔後・就寝前に化粧水で保湿することです。肌の水分・油分のバランスを調整し、正常肌に近づけていくことが大切です。